夏だ ! オープンキャンパスに行こう

2019/08/03

ソース画像を表示

 

 夏休みに入り 宇都宮東高会員M・Yは 京都府立大や奈良女子大・立命館大と オープンキャンパスに行き 刺激を受け 夏期講習に熱が入ります。

 

 高1会員は 文系か 理系か で悩む会員が多く 決断するために オープンキャンパスに足を運びます。

 

 あなたは 将来 何になりたいですか? その覚悟はありますか?

 文系ですか? 理系ですか? 体育会系ですか? 音楽芸術系ですか?

 

今回は 心得  5箇条  を紹介。

 

Ⅰ 大学との相性を知り 合格への覚悟と決意を新たにする絶好のチャンス。

   校風やカラーを知るために 学生や教職員と積極果敢に交流をすることが大切です。その際

 学生の振る舞いや服装 言葉づかいもチェックする。大学へのあこがれが大きくなれば  受 

 験へのモチベートがアップ。

 

Ⅱ 授業やゼミ・研究室の公開を利用する。

   模擬授業やゼミ・研究室の公開は その大学・学部・学科の教育内容の特徴を把握しやすい。自分が入学後 本気で取り組むに値するのか 真剣に考える契機にする。

 

Ⅲ 図書館・研究施設 購買書籍を見ることで 教育レベルをチェックする。

   図書館の蔵書・ミーティングルーム・研究施設や設備は その大学の教育に対する考え方を物語ります。学生の知的レベルは 大学の購買の書籍部でわかります。どのような本が売られているのか 品ぞろえはどうか 厳しい目でチェックすること。

 

Ⅳ 学食や部活・サークル棟は生活の場。忘れずに確認をする。

  食事は健康を サークルは対人関係を充実させます。特に スポーツや音楽で 推薦を狙う会員は 監督・コーチ・指導者への挨拶と 目標・方針を聞き 本当にこの大学で良いのか考える。

 

Ⅴ 複数の大学を比較せよ。

  志望順位が高い大学から 優先順位をつけて 複数のオープンキャンパスに参加しよう。第2志望以下の大学を見ることで 逆に第1志望への絶対合格の意志が強くなることもあります。遠隔地の場合 専用バスを出す大学もありますから 事前に情報を集める。

 

Ⅵ 大学から最寄りの駅まで歩こう。

  大学の周囲に何があるのか。店は? 病院は?生活の基盤がどのくらい整備されているかも確認する。

 

Ⅶ 大学主催の入試対策講座やプレ入試を活用する。

  オープンキャンパスで入試対策講座やプレ入試を行う大学が増えています。大学入試対策講座では 大学特有の出題傾向やその背景を説明してくれます。そこから大学での教育をイメージすること。 

 

  人生を懸けた選択 。 この夏 大学を訪問していき 将来VISIONを明確にイメージしていこう !

 

    BY  A・O