2/2 東高附属中入試 分析 

2019/02/01

〇挨拶

毎日が 私立大学入試 の日々が続き 2月に突入しました。 受験組に加えて いよいよ 非受験組が 学年末決戦を迎えます。優希winでは 定期テスト対策ゼミを開催しています。 対象は 高1・2 中1・2 東高附属中3年 宇短附中3年 作新中3年 等です。

ぜひ 定期テスト のみならず 実力テスト ・ 模擬テスト ・ 入試 に強い 優希winの定期対策ゼミを利用して 過去最高の結果を創り 次の学年に進級しよう。

友人・先輩・後輩・近所の方 大歓迎です!!


〇東高附属中 分析

2019 宇東高附属中入試問題分析 & 2020 展望。

適性検査  制限時間  50分 100点満点  テスト内容  適理中心  難易度 標準。

東高附属中入試 大問1。
配点 【問1】 6点  【問2】 9点   難易度 標準。
求められる力  【問1】 情報分析力 ・ 条件選択力 ・ 社会的思考力  【問2】 情報分析力 ・ 条件選択力 。
問題題材 & 分析
 栃木県の森林や土地利用・林業 を題材に 会話や5つの資料を分析して 条件に合うものを選択する力をみる。

東高附属中入試 大問2。
配点 【問1】 8点  【問2】 10点   難易度 標準。求められる力  【問1】  情報分析力 ・ 数的処理力   【問2】  情報選択力 ・  情報分析力。 問題題材 & 分析学校対抗駅伝競走を題材にして 5つの資料と会話から情報を読み取り 数量を処理する力を問う。 

東高附属中入試 大問3。
配点 【問1】 10点  【問2】 12点   難易度 やや難。
求められる力  【問1】 図形的思考力   【問2】 問題解決力。 
問題題材 & 分析
東高附属中で絶対 出題されるのが図形問題であり 本年度は 立方体ブロックを使用して 空間的イメージ力をみる問題が出題される。会話や図の中から 空間的に立体をとらえられるかが 最大のポイントであり 日頃から 立体の見えない部分を頭の中で想像するトレーニングが求められる。

東高附属中入試 大問4。
配点 【問1】 8点  【問2】 15点   難易度 標準。
求められる力  【問1】 情報分析力 ・ 情報選択力   【問2】 判断力 ・  表現力。 
問題題材 & 分析
  家庭での夕食を題材にして 土鍋・アルミ鍋・鉄鍋を使用した際の水温の変化を調べる実験についての設問である。また おでんのだしを クーポン券を使用して購入するか 本日限り2本の特典を利用するべきか が問われ 理由を言葉や式で説明する表現力が試される。

東高附属中入試 大問5。
配点 【問1】 10点  【問2】 12点   難易度 標準。
求められる力  【問1】  問題解決力  【問2】 数的処理能力 ・ 条件に従い処理する力。 
問題題材 & 分析
 学級活動を題材として カレンダーや座席表など 複数の数量関係を的確に把握し 与えられた条件に従い 処理する力をみる。

東高附属中入試 作文。
求められる力  表現力 / 主張&理由を含む自分の意見 / 条件を反映する力 。
難易度標準。
問題題材&分析     
  図や会話を参考にしながら 昼休みに 安全に校庭を使用するための提案を 具体的に書くこと・体験や見聞きしたことにふれながら 600字程度で書く。受験生なら 小学生活の中で 必ず 考えたことのあるテーマであり 書き易い。オリジナルな体験を 相手に分かり易く伝えられるかが勝負である。


2020年度 東高附属中入試 展望。
学校行事や時事問題を題材に 適性理系中心に 図形や規則性などを通して 思考力・数的処理力・問題解決力を問うスタイルは今後も継続される。学校生活や日常を通して 主体的に考え 多様な分野に興味・関心を持つ 日頃に姿勢が問われる。 


BY ATSUSHI OHTANI

追伸


2020年度 東高附属中入試 チャレンジャー 募集中! つどえ 東高附属中入試 合格したい 君 !