誰よりも熱い夏へ!!未来の自分へ挑戦!!

2019/06/14

ソース画像を表示

 

 

汗ばむ日中から上着の必要な寒さの夜へ 寒暖差の大きい季節です。

最高のベストの結果を創るため 体調管理を徹底して行きましょう。

 

優 希WINでは 現在 夏期講習に向けて着々と準備を進めており

 

『 本気で挑戦する夏 』をテーマに準備しています。

旧く 三国志に 「 男子 三日 会わざれば 刮目せよ 」 という言葉があります。

呉の武将である呂(りょ)蒙(もう)の故事からきている言葉です。 呂蒙は家が貧しく 学問に触れる機会も 興味もなく 武力一辺倒の武将として知られていました。人々は無学な呂蒙を笑って 「 おバカな蒙ちゃん 」と陰で呼んでいました。

それを見かねた呉の王である孫権が 「博士にならなくてもいいが 見識を広めるつもりで書物を読め」と 命令を下しました。 呂蒙は発奮して勉学に励み、みるみるうちに 教養を身に着けていったのです。

そして 呂蒙が 大きく変わり 優秀という評価をもらうまでに そう時間はかかりませんでした。

呂蒙は 「 士たるもの、 別れて 3日も 経てば大いに成長しているものです。」と 自信をもち 返したそうです。

 

子供たちにとり 一番変化出来るのは 夏休みです。 約1ヶ月という期間は 人が成長するには十分な時間。

自らが奮い立ち、本気で物事に取り組めば、実現不可能な未来なんてありません。

一人ひとりに伝えたいことは 2つ。

1  孫権が呂蒙に学問を勧めたこと。つまり、変わるための「きっかけ」があったということ。
2  呂蒙が変わることができたのは、変わるための努力を続けたということ。

つまり、人は自分の考え方や行いを「 変える 」ことで、変わるということ。

呂蒙は、自分のためを思って言ってくれる孫権の言葉を「素直」に受け入れたこと。孫権の言葉を「きっかけ」に、「素直」にその言葉に従い、自分を「変える」ための努力を惜しまなかったことで大いに成長できたのです。

 

自分を変える努力というものは並大抵のものではありません。辛く厳しい道に挑み続けなければなりません。しかし、既にきっかけは手に入れています。 夏期講習 全力で挑んでいきましょう。

 

人生が変わる夏を体験したい人 優希WINで挑戦していこう!

BY N ・ I