2/9誰かが見ている

2019/02/11


〇挨拶
みなさんこんにちは。真冬らしい厳しい寒さが続いています。
先日は少し雪が降るなど、真冬を感じさせるような天気が増えてきました。
ですが、暦の上ではもう春です。少しずつ暖かくなることを期待していきましょう。


特に受験生は体調に気を付けて、最後の追い込みをかけていきましょう!
準備だけは後悔の無いように!

さて、非受験生は学年末テストが各学校で近づいてきました。
1年最後の締めくくり、ぜひ自己ベストを出せるよう挑んでいきましょう。


学年末対策は、友人紹介制度もあります。


お知り合いの方・友人で、塾を体験してみたい人がいましたら、ぜひ参加お待ちしております。
一人よりも必ず力が出せます!


〇誰かが見ている

さて本日のタイトル、「誰かが見ている」について、悪いことは誰かが見ている、ということでは無いのです。
もちろんホラーでもありません。ご安心ください。


みなさんの中に、頑張っているのに認められない、という方多くいらっしゃると思います。
「こんなに頑張っているのに、無駄な努力かな、」そんな風に思わないでほしいということです。


そのときたまたま認められないだけで、継続していけば絶対に誰かが気付いてくれます。
私の経験上時間はかかっても必ず気づいてくれる人はいます。


自分は最長で4年かかったことがあります。しかし、何か研究などで成果をあげる人は何十年、
下手すれば自分が死んだ後にやっとこ功績を認められることなんてざらにあるのでは、と思います。




もちろんみなさんにとって良くないこともそうです。「どうせこんなつらいこと、誰にもわかってもらえない」
では、ほんとにSOSを出していますか?


必ず誰かが見ていて、時に認めてくれ、時に手を差し伸べてくれ、時に叱ってくれる。
絶対に心配して、期待してみててくれる人はいます。


もし今そういう人がいないなら、しばらく我慢の時期なのかもしれません。
我慢の時期はつらいですが、必ずみなさんの人生の大きな糧になります。

何事も学習、です。



By Toshiki Sakamura