ポモドーロテクニックを活用して勉強効率アップ!

2019/12/18

休憩
短い期間で効率的に成績をアップさせたいですよね?

でも、なかなか集中力が持続せずに悩んでいる人は多いです。

 

この記事では勉強に集中できない悩みを解消し、

集中して勉強に取り組めるようになる

「ポモドーロテクニック」を紹介します。

 

これは勉強だけではなく仕事や芸術活動など

集中したいときであれば誰でも活用できる

画期的なテクニックです。

 

ポモドーロテクニックとは、

短時間の作業時間と短時間の休憩を繰り返すことで

集中力を持続させる方法のことです。

 

ダラダラと長時間やっても意味がないので

しっかり休憩して緩急をつけることで

限られた勉強時間を有効に活用できます。

 

やり方はシンプルです。

 

25分間・・・勉強

5分間・・・休憩

25分間・・・勉強

5分間・・・休憩

 

これを繰り返します。

勉強と休憩のセットが30分間で構成されており、

3セット繰り返せば90分間になります。

 

90分間やりきれたら15分程度

長めの休息を取ると良いでしょう。

 

25分間であれば集中力が切れにくいですし、

5分間の休憩であれば間延びしないので

しっかり勉強に戻ってくることができます。

 

また休憩中はできるかぎり集中しないように

スマホや本も眺めずに目を休めるか

ボーッとした方が良いです。

コーヒーを飲んだりフラフラと歩き回るのもいいですね。

 

25分間で一区切りになりますから

1セット毎に勉強内容を変えてもいいですし、

多少時間をいじっても構いません。

 

20分勉強、5分休憩

40分勉強、10分休憩など。

 

あくまで集中力が持続できる時間に設定する必要があるので

最初は25分間のセットで取り組んでから

いろいろ試してみると良いです。

 

時間を意識しながら勉強できるので

本番を想定したトレーニングにもなりますし、

日々の勉強にも緊張感が出て良いです。

 

また、少ない時間しか勉強できない時も

ポモドーロテクニックを活用することで

集中して取り組めるようになります。

 

長時間頑張ろうとして何もできないでいるより

30分間でも集中して取り組んだ方が効率的です。

 

勉強のハードルが下がって

気軽に勉強できるテクニックでもあるので

自宅でも移動中でも上手に活用して

限られた時間を有効活用していきましょう。

 

スマホアプリもあるので

ポモドーロテクニックで検索して

利用してみてください。