どうして勉強はめんどくさいのか?その心理と対処法

2020/01/27

ナマケモノ
机に向かって、問題集を開いて、フーッとため息。

(めんどくさい・・・)

よくあることですよね。

 

これはあなただけではなく誰しもが抱く感情です。

仕事がめんどくさい、料理がめんどくさい

掃除や洗濯がめんどくさい、確定申告がめんどくさい

社会人になっても付きまといます。

 

どうして「めんどくさい」と感じるのか?

実はめんどくさいと感じる物事にはある共通点があります。

 

この記事ではその共通点を暴きつつ、

めんどくさい感情にどう対処したら良いのか?

対処法を提案していきたいと思います。

 

今回ご紹介する方法が絶対!ではなく

あくまでご提案の1つですので参考にしてみてください。

 

めんどくさいことは、良いこと

 

まず、どんなことでめんどくさくなるのか

振り返ってみてください。

勉強、仕事、掃除・洗濯、細かな書類や手続きなどなど

たくさん浮かんでくると思います。

 

そうしためんどくさいことというのは

基本的に、「やった方が良いこと」が多いです。

 

勉強はやらないよりはやった方が良いですし、

掃除・洗濯もした方が良いことです。

好き嫌いは別として、善い行いとされている点が共通しています。

万引きや強盗、ゴミのポイ捨てでめんどくさいとは感じないはずです。

 

やった方が良いことは薄々気づいているからこそ

めんどくさいと感じることができるのですね。

 

良いことだけど、後でもできそうなこと

 

肝心なところは、

「なぜやった方が良いとわかっているのにできないのか?」

という点です。

 

何が私たちの”足かせ”になっていて、

どうしたら良いことを素直に実行できるようになるでしょうか?

 

良いことだとわかっているのにできないのは

自分にとって緊急性が低いからです。

 

重要だが緊急ではないことに対して

私たちはめんどくさいと感じる傾向があります。

健康のための運動や、読書や勉強、

将来の目標設定や計画を立てるのもここに入ります。

 

やった方が得になることはわかっているが、

やらなくても今のところは損にならないことです。

 

自分にとって重要で、かつ緊急性が高いことなら

めんどくさいなんて思う暇もありません。

たとえば明日が定期テストだとしたら

テスト勉強が急務で重要なのは明らかですよね?

 

テスト前だと頑張れるのに終わった途端できなくなるのは

「テスト」という締切がなくなったので

勉強に対する緊急性を感じなくなっているからです。

 

毎日の勉強に緊急性を持たせる

 

テスト前以外でも勉強できるようにするには

日頃の勉強に「緊急性を持たせること」が重要です。

 

要するに締切やノルマ、タイムリミットを決めることです。

 

たとえば問題集1ページ分を30分で終わらせようとしてみたり、

「今日は何をどこまでやるか」箇条書きにしてみたり、

「今月中に数学の総復習を終わらせる!」と決めてみましょう。

 

追い込まれるとめんどくさくてもやれる人は多いので

自分で自分を追い込んであげれば良いのです。

 

自分で追い込むのが難しそうであれば

友だちを巻き込んで追い込むと良いでしょう。

友だちと勉強している時に

「今から30分集中ね。」とタイマーをセットするのです。

 

そうすると自分だけではなく友だちの目もあるので

より自分を追い込みやすくなります。

 

協力的なご両親であれば、リビングで勉強するのも有効です。

「これから1時間集中するから。」と宣言をして

テレビなどの雑念を排除してもらいましょう。

 

テーブルの横や向かいに座ってもらって

本などを読んでてもらうだけでも充分です。

監視の目があればめんどくさくても勉強できる状況に追い込めます。

 

今やる理由を明確にすること

 

「めんどくさい」を克服するには、

やる気を上げたり体調管理に努めるのではなく

今やる理由を明確にすることが重要です。

 

「明日は習い事でやる時間がないから、今やる。」とか

「テスト前に慌てるのが嫌だから、今やる。」とか

「適当な学校に進学して後悔したくないから、今やる。」とか。

 

あなたが将来やってみたい仕事や、なりたい姿を想像した時に、

どんなことを知っていなければいけないのか

どんな情報や経験・技術が必要なのか

思いつく限り書き出してみると良いですね。

 

ファッションデザイナーでもゲームクリエイターでもYoutuberでも良いです。

それを実現するにはどんな知識を持っていなければならないでしょうか?

デザイナーであれば流行や色彩感覚、人体の構造や素材の知識など

知っておきたいことはたくさんあるはずです。

 

Youtuberでも人気になろうとしたら

企画力や編集技術、タレント性などが求められるでしょうから

勉強熱心でないと厳しい戦いになると思います。

 

特にやりたいことがなかったとしても

将来的にやりたいことが見つかった時に

勉強できる基礎体力や知識があった方が活動の幅が広がるはずです。

 

このように少し先の未来を想像して

現在勉強する理由と結びつけることで

毎日の勉強に強い意味を持たせていきましょう。